Flocke’s diary

バツ2で3度目の結婚、子供も社会人になりホッとした途端に更年期突入? 心と身体の変化や3度の結婚生活について書います。

怖い病院の現実

看護助手の仕事…

ベッドメイキング、患者さんのオムツ替え、身体の清拭、お風呂の介助、環境整備(掃除等)物品補充、食事の準備、配膳、片付け。

これが一般的な仕事内容でしょうか。

私が勤めた病院では、 外来では尿検査、診察の介助、健康診断で行われる心電図の準備、レントゲンの準備、患者さんの位置設定、血液検査(院内で調べられる項目は全て。ナースが採血した後針が付いた状態で渡されそれを機械に移し検査する) 入院患者さんの爪切り、髭剃り、ストマーの交換、部分オペの介助、遺体清拭…

今思えば本当に恐ろしい事をさせられていたと思う。

通りで給料高いと思ったわ。

ナースがやりたがらない仕事を全部させられていた感じ。

夜勤のナースはオムツ交換をしたくない為、患者さんに朝まで我慢しろとか、いちいちコール鳴らすな!とかナースコールのコンセントを外したり。

これって警察沙汰じゃないの?って思うようになった。

それに私達、看護助手の仕事も医療行為ギリギリじゃないの?と思うようになり、師長や理事長にナースの事や助手の仕事内容について相談したらマズイと思ったらしく、周りのスタッフから◯◯さんが仕事をしないから困ると苦情が来ている、今後様子を見て改善されないようだったら給料減額もありえますと言われ、あーそういう事ね〜と思い自分から退社した。

その後も私のような考えのナースや助手さんは同じような言い方をされ辞めた。

仕事なんて出来ないくらいが丁度いいんだと思う。下手に出来るようになっていろんな事に気付いたりすると病院側としては面倒な事になりかねないと思うのだろう。

怖い怖い

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村