Flocke’s diary

バツ2で3度目の結婚、子供も社会人になりホッとした途端に更年期突入? 心と身体の変化や3度の結婚生活について書います。

更年期障害の症状もだいぶ落ち着いてきた。

宅配弁当も2週間ほどでギブアップ。

結局私が作ることになった。

でも前と違い少し惣菜なども取り入れたりするようになった。

精神的にも、肉体的にも少し楽になった。

更年期障害の症状も少し落ち着いてきた。

治療していてもたまに悪化する事がある。

そんな時は我慢せずに自分を甘やかしてあげようと思った。

この春から人事異動などで職場の人間関係が良くなった。

そう言うのも関係しているのかも知れないな。

働いてもあと3年と決めている。それまで少しずつではあるが貯金をして娘の結婚、出産に備えたいと思う。

もう少しゆったり、ゆっくり、のんびり過ごしたいな…

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

宅配のおかずを食べた夫の感想

夫に食事は冷凍のおかずを頼んだから…と言ってみた。 どうして?と夫。

うーん、なんか作りがいがなくなって来たし、たまには他のおかずを食べて私の作るおかずを懐かしく思ってくれれば良いかなぁと思って。

離婚の理由に料理をしないから…と言うのがあるみたい。 何故妻は料理をしなくなるのか? その理由に作りがいがないから…

つまり、食べた時に何の反応も無いからって事。

美味しいと言って欲しいのとは違う。

しょっぱいとか甘いとか…

何よりも黙って食べられるほど嫌なものはない。

お給料日に夫から生活費を渡される時に、黙って受け取ったり、中を見て少ないと言ったり。

それと同じくらい傷つくのよ…と。

悪かった。自分では美味しいから残さず食べてたから。 伝わってなかったのなら、これからは気をつけるよ。

取り敢えず、今週は食宅便、来週はデイリーコープを頼んである。

1日目、牛肉の味噌煮込みと副菜4品。 味噌汁とご飯は作りました。

冷凍なので、夫が入浴中にレンジでチンするだけ。

私の分は別に作った。

一通り食べて夫が一言。 病院食みたい。美味しくない。

関西出身なんだからこの位で丁度良いんじゃないの?と嫌味の1つも言ってやろうかと思ったがやめた。

関東の料理はかつおだしの味しかしない、甘じょっぱいとよく言っていた。

東北出身の私の料理は昆布、かつおだしの両方使う合わせだし。味噌もほんのり甘めの合わせ味噌。 料理に砂糖はほとんど使わないので夫の口に合ったみたいだった。

関西から来た夫の親戚が、薄口醤油を使って料理を作ってくれたが、私はあまりのしょっぱさに口の中が荒れたのだ。私の口がヤワなのか?

色味が薄いので出汁の効いた懐石料理を想像していたのですが、全然違ったのだ。

これが関西の料理なの?と聞くと、そう、こっちみたいに真っ黒なかつだしの汁とは違うやろ?と。

私にはよく分からなかった。

まぁ当分は宅配のおかずを食べてもらいます。

私の分だけなら、紅鮭とキムチ納豆や漬物、味噌汁で十分なので楽です(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

更年期、再発なのかなぁ

再婚して3年目。

ここに引っ越してきて一年程経った頃。

胃の調子が悪くなり胸焼けが酷くなった。胃腸科で胃カメラも受けたが何も問題なく、薬も飲んだけど一向に良くならず。

その影響なのか好きだった料理が出来なくなった。

外に出掛けたくない、ものすごく眠い…

夫の言葉も悪い方にしか取れない。

離婚したい。

生きていてもつまらない。いつ死ぬんだろう。

そんな事をばかり考えていた。

何でだろう…

その時期の少し前に、五十肩になった。

痛み止め、ブロック注射、湿布がないと生活出来ないほど酷かった。

ホットフラッシュも頻繁に起きるようになっていた。

肌が荒れてザラザラして来たような気がして仕方ない。シワやしみ頬あたりに肝斑?みたいな物も出来て来た。

夫は 全然気にならないし、もしそうだとしても俺はそれも含めて愛してるよと言ってくれた。 でも、素直に受け止める事も出来なくなっていた。

辛くて辛くて…

働けば少しは良くなるのか?

そう思いハローワークに通った。 のんびり探そうと思っていたのにすぐ決まってしまいパートで働くことになったのだが、勤務開始は1ヶ月半後だった為、その間どんどん不安に襲われ…

これじゃ働き始めても無理じゃん!

そう思い、婦人科を受診した。

症状を話すと 血液検査をしてみないとはっきりしたことは言えないけど更年期障害のだと思われます。

ホルモン療法をしてみますか?かなりの確率で効果は出ると思いますよ。

藁をもすがる思いでお願いしました。

処方されたのは、エストラーナテープとデュファストンという飲み薬。

これが私には合ったようで、テープを貼って一時間程経った頃から気分が軽くなり始めた。 久しぶりに頭の中で夕食の献立が浮かんで来た。

帰って来た夫もすぐに気付く程だった。 良かったね、と喜んでくれた。

その後、ホットフラッシュも収まり、くすんでザラザラだった肌も元に戻り外出も増えたし、仕事への意欲も出て来た。 胃の調子も良くなり食欲も出て来た。

このまま落ち着けばいいなぁ… そう思って7ヶ月。

最近、またあの時の様な症状が出て来たのだ。

例をあげると、夫が食事の時、飲んだ烏龍茶を美味しい!と言った。 お風呂が先なので喉が渇いていたから烏龍茶が美味しいのは分かるけど、料理については、どう?って聞かないと美味しいとかもう少ししょっぱいほうが良いかなとか感想をいってくれない。

私は話をするのも嫌になり無言になる。

そんな事かもしれないけど私にとっては嫌な気持ちになってしまう。

やって当たり前みたいなのが嫌だ。

だったらお給料日に夫から生活費を渡される時に何も言わずに受け取るのと同じだと思う。

こんな自分が嫌だ。

だったら1人で暮らしているほうが良いんじゃないか…

でも、実家の母や一人暮らしをしている娘(社会人)に心配掛けたくないし。

今日、思い切って夕食の宅配を(品数が6品のチンするだけ)頼んでみた。もちろん夫の分だけ。

私は18時まで食べるダイエットのふりをして自分で作って食べようと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

更年期障害

今思えば…

あれは48歳になったばかりの頃。

ドキッとした瞬間冷や汗が出る… そんな感じ… 今までにない体験した。

それが更年期障害の始まりだったのかもしれない。

カーっと暑くなるのとは違う… でもなんか変。

脇汗が気になりだしたのは40歳を迎えた頃。

座っていると太ももの裏側に汗をかくようになった。

顔がテカテカする様になったのは45歳頃からだったかな。

化粧品を変えたり下着や着る服の素材を変えたり食べ物にも気をつけた。

まさか更年期症状だとは思わなかったから。

子育てが落ち着くまで恋愛はするつもりはなかった。

毎日生活の為に仕事… ストレスはかなりあったが辞めることも出来ず。

そんな生活もやっと終止符をうつ事になったのは50を迎える頃だった。

子供も就職が決まり、私も再婚をしたのだ。 まぁ正確に言えば再々婚だけど…

それから 日に日に体調の変化が現れた。

今まで出来ていた事が出来なくなり、外出が億劫になり、疲れてすぐ横になるようになった。 結果家事が思うように出来ない、いろんな事を考え不安になり夫とも喧嘩をするようになった。

そんな自分が嫌で嫌でたまらなかった。

夫は働きに出たほうがいいんじゃないのか?家にいるとストレスたまるんじゃないの?

そう言われて仕事を探し始めた。ところが… 知らない土地に来てうまく順応出来るのだろうか?仕事を上手くこなせるのだろうか? そんな事を考えると身体に電気が走ったみたいカーッとなり辛かった。

食欲もないのに腰回りの脂肪が付き今まで履いていたスカートやパンツがきつくなった。 頬のあたりのシミがどんどん濃くなり肝斑が出始めたのだ。 そんな自分の姿を、鏡を見るのが嫌でたまらなかった。

なんか変…

でも働き始めればきっと戻るよね…

ところが、仕事が決まった後から不安でいっぱいになる。こんなんじゃ仕事行けない!どうしよう…

そう思いネットで調べまくった。

更年期障害

全部当てはまったのだ。

楽になるのならなんでもいい…

そう思い婦人科へ駆け込んだ。 女医さんでとても丁寧に話を聞いてくれた。

採血をして、念のため甲状腺機能も調べましょう。 取り敢えずホルモン補充療法を始めてみますか。

で、処方されたのがエストラーナテープとデュファストン

テープを1日置きに張り替え、1週間後からデュファストン錠を朝晩2回を2週間、その後は両方止めて2、3日後に出血が始まる。出血が終わったらテープを貼る。 それの繰り返しである。

テープを張り始めて、早い人は6時間後から効果があらわれる

私の場合、効果はすぐに…

その日の夜ご飯から普通に作る事が出来た。夫が帰ってからその事を話すと、すぐに表情で分かったと喜んでくれた。

身体のダルさも嘘のように消え、やる気が出てきた。食欲も出て来た。 何よりも、あの腰回りの脂肪が消えたのだ。 笑顔も増え、喧嘩も無くなった。

仕事も順調にすすんでる。

そうそう!これが10年前の私!

ホルモンって本当に大事なんだと実感した。

そして、ホルモン補充療法はきちんと正しく使えば怖くない事も知った。

これからも先生と話し合いながら私に合った治療を続けて行きたいと思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

イボ尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

パートで働き始めてからなかなかブログの更新ができない。

書きたい事は沢山あるのだけれど…

今日は、8月から手の指に出来たイボについて書きたいと思います。

始めは、小さい水ぶくれのようなものが出来て、気になり出したので爪で引っ張り潰しました。 中からは何も出てこなかったので問題ないと思いそのままにしておいたところ、かさぶたのような物になってました。

小指の爪が当たるので気になってしまい、また引っ掻きかさぶたになるの繰り返し。

そのうち押すとちくっと痛みが出るようになったので絆創膏を張って過ごした。

ところが良くなるどころか手をテーブルなどにつくとその部分がジンジンと痛み出すようになった。

これはなんか変かも… そう思い近くの皮膚科へ。

診察の結果はイボでした。ウィルス性のイボの可能性後高いので週に一度、液体窒素で焼き様子を見ることに。

9月から10月の下旬まで通院した経過の写真を載せています。撮り忘れた日や続けて撮った日もあるのでバラバラですが…

液体窒素はピリピリと言う感じです。私の場合は指だったので洗顔やシャンプーの時など不便を感じました。

f:id:Flocke:20161114172048j:plain

f:id:Flocke:20161114172125j:plain

f:id:Flocke:20161114172247j:plain

f:id:Flocke:20161114172317j:plain

f:id:Flocke:20161114172353j:plain

f:id:Flocke:20161114172426j:plain

f:id:Flocke:20161114172507j:plain

f:id:Flocke:20161114172540j:plain

f:id:Flocke:20161114172611j:plain

f:id:Flocke:20161114172654j:plain

f:id:Flocke:20161114172727j:plain

f:id:Flocke:20161114172856j:plain

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

熟年再婚

仕事を始めてからなかなかブログの更新が出来ずごめんなさい。

私的には専業主婦で完璧に家事をやりたいのだが、人の稼いだお金を使うのはどうも気がひける。

私には、まだ結婚をしていない子供がいる。それに孫も産まれれば何かとお金が掛かるだろう。その為にもお金は貯めておきたい。 夫は支度金くらいは恥ずかしくない様にしてあげたいとは言ってくれているが何となくね… だったら自分で稼いで好きなだけ使わせてあげたいのだ。

価値観も違うので色々揉めるよりいいかなと…

お互いだが、やっぱり我が子は可愛いのだ。

自分が死んだ時、保険金は半分子供に行く。私の貯金は夫に行く。 夫は男だから1人でも困らないけど、子供には少しでも残してあげたいのが本音だ。

でも、私の預金は自動的に夫に行ってしまう。最近考えたのが、子供名義の口座に貯金をする。 それも通帳は子供へ、私はカードで入金。 そうすれば万が一私に何かあっても子供名義のカードの残金は分からないし、子供が受け取る事になるしね。

私は老後取り敢えず夫と地味に生活出来ればいいなかぁ程度なので。 これがひとりだと年金が少なく心配。でも2人ならそこそこ暮らしてはいける。 だからこそ熟年再婚がいいのだと思う。

夫もきっと同じ事を思っているはず。

好きだ愛してるは上手くいかない。 今更だか、結婚は生理的にオッケーで、健康で、仕事を転々しない、清潔感はあるがオシャレではない、おだてると喜んで色々してくれる、お互いの親戚の事には口を出さない、政治、スポーツの話は聞き流す。

これがそこそこ結婚生活を送れるコツでしょうかね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

お互いの元家族

夫には、すでに成人して家庭を持っている子供が2人いる。

前の奥さんは現在1人暮らし。

夫が再婚したことは子供1人だけが知っている。

離婚の原因は妻の家事放棄(精神的な病気らしい)生理的に一緒にいる事が出来なくなり別居、そして離婚した。 生理的に受け付けない以外は嫌いではないと言う。

確かに私も元夫のギャンブル依存症以外は嫌いではないのと同じかも…

昨年までは年に2回位は家族で食事などしていたようだ。

私は離婚後元夫とは会っていない。

私としては、元家族と会ってくるのは全く問題ではないと思っている。出来れば会いに行って欲しいのだ。 私だって子供や実家、友達などと会いたい。勿論夫抜きで…

なのに今年は行かないと言う。

行けばいいのに…

私の子供が遊びに来るのを楽しみにしているようだが、私としては2人で会いたいのだ。 話したい事も沢山あるからね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村